NAME:黒乃 天火 (くろの てんか)

 本作の主人公。符術師の家系に養子に来たものの、霊力を持たず符術を使うことのできない自分にコンプレックスを抱いている。

NAME:黒乃 睦月 (くろの むつき)

 天火の姉。不在の父に代わり、黒宮神社を管理している符術師。神社にやってくるさまざまな依頼をこなし、符術師として多忙な日々をおくっている。そのため学校にもあまり出席できず、天火と一緒に登校できないことをひどく残念がっている。
 符術において抜群のセンスを持ち合わせ、天才とまで呼ばれている反面、学校の成績は芳しくなく本人はそのことに頭を悩ませている。

NAME:二条 稟奈 (にじょう りんな)

 天火の通う学校の先輩。睦月と同じく符術師であり、睦月とは親友の間柄。天火に対しては実の弟のように接し、二人の世話役のような人物だが、たまに悪戯心をはたらくなど子供っぽい一面を見せることもある。
  睦月の仕事に協力することもあり、符術の才能においては睦月に勝らずとも劣らない。しかし、自身が使う符術や霊力という存在に不信感を抱いている。

NAME:闇夜 (あんや)

 黒宮神社の御神体の刀に憑依している人物。いつも黒宮神社の鳥居の上でそこから見える風景を眺めている。黒乃家の人たちは黒宮神社に祭られている神様ということしているが、本人にその自覚はなく気ままな生活をおくっている。


Copy right © 2010 MIGIHA