結城 信乃(ゆうき しの)

本作の主人公。
物心つく頃から児童施設『サクラ』で育つ。世話好きで面倒見がよく、施設の子供達全員の兄のような存在。
幼い頃に見た幻が原因で人の死に対して極度の恐怖を持つようになる。

志野 和也(しの かずや)

信乃の親友。
児童施設で信乃と一緒に過ごしていた時期もあり仲が良い。妹には頭が上がらない。

陽子(ようこ)

信乃の前に現れた自称『妹』少女。
無表情で一見何を考えているか分からないが、信乃にはどういうわけか思っていることが分かってしまう。

志野 花月(しの かづき)

和也の妹。
口より手が先に出るタイプの非常にアグレッシブな淑女だが、信乃の前だと大人しくなる。 志野家を自分のものにするという野心を秘めているとかいないとか。

橘 薫(たちばな かおる)

信乃のクラスメイトで生徒会副会長。
生真面目な性格で常に先頭に立って行動し、人望も厚い。が、クラスメイトの和泉とだけは反りがあわず小さな衝突を繰り返している。
実家は道場を開いており、彼自身も免許皆伝の腕。座右の銘は『文武両道』

和泉 朱里(いずみ あかり)

信乃のクラスメイト。
好奇心旺盛でミーハーな性格。学園の瓦版の異名を持ち、転校してきた信乃にも興味が尽きない。
一見、どこにでもいる女子高生のようにも見えるが……

海老沢 彩香(えびさわ さやか)

いたって普通の恋する少女。朱里とは親友の間柄。愛称は『えびこ』

早乙女 叶(そうとめ かなえ)

児童施設『サクラ』の責任者。
いい加減でずぼらな性格だが施設の子供達からは一様に慕われており、信乃と和也も師匠として敬う存在。
かつて神職についていたが、戒律を破り破門されるという経歴を持つ。

縫仙 美影(ほうせん みかげ)

緋羽鳥伝説の研究をしている考古学者。
篠田資料館の責任者であるが、娘に管理を任せて自身は研究に没頭している。

縫仙 霞(ほうせん かすみ)

美影の娘。
緋羽鳥伝説ハカセを名乗るほど篠田の歴史に詳しい。緋羽鳥伝説で町興しを行うことを画策している。

すみれ

児童施設で暮らす少女。
ひまわりのような元気いっぱいの女の子。時々人が変わったように口調を変えるが、本人はいたって正常。

ユーティリア

志野家の使用人。家政婦。
志野家への従事の傍ら、世に蔓延る悪しきメイドを駆逐するための活動に尽力している。